凧上げの由来

浜松が徳川家康の手に落ちる前は、今川の飯尾家が引馬城の城主とし て浜松を支配していました。引馬城は今の東照宮の位置にありました。 城主の飯尾豊前守の長子である義廣の誕生を祝して、入野の住民佐橋 甚五郎が太凧に義廣と書いて城中で揚げたという記録があり、これが 浜松の凧上げ祭り起源とされています。 その関係で、3日には入野町で祈願祭が行われ、当町も参加します。

江戸時代に入ってからも、秀康の客のために松平頼母が大手門前で凧 を揚げた記録、松平豊後守資訓が三方ヶ原で遠州浜松組と三州吉田組 の凧合戦をした記録などがあるそうです。 明治時代は、凧の形も大きさも各町バラバラで、各町は揚げたいとき に揚げたいところで揚げていたそうです。明治の終わり頃、現国鉄浜 松工場で全町内が集まって凧合戦を始めてから、統一会場での凧上げ に変わってゆきました。

入野の祈願祭の様子
入野の祈願祭の様子

凧揚会からのお知らせ

大人凧・練りのお知らせ

子供凧・練りのお知らせ

広沢ひ組Twitter

Instagram#広沢ひ組

    ひ組全体カレンダー

    ※スケジュールにつきましては、予告なく変更・追加される場合がございます。

    株式会社アリー allie Co., Ltd.
    NGN株式会社
    株式会社SSK
    いっぽ

    Sponsors

    美容室Le・reve(ル・レーヴ)浜松船越店 – 艶髪であなたの「なりたい」を叶える美容室

    広沢町凧揚会ひ組

    432-8013静岡県浜松市中区広沢1丁目9−29

     053-452-1954